夜勤が辛いと感じる時

夜勤が辛いと感じる時

夜勤というのは、職場によってその業務内容や大変さが全く異なります。
私が以前働いていた病院は、3交代の職場でした。
日勤と準夜勤、それに深夜勤の3つのローテーションです。
2交代の職場の場合は、夜勤が16時間とかなり長時間になるのですが、3交代の場合は8時間です。
勤務時間が短い事もあり、当初は夜勤業務についてそれほど大変だとは考えていませんでした。
しかし、働いていた職場は、重症度の高い患者さんが多い病棟で、急変は当たり前といった環境でしたから、
とてもハードでした。

夜勤の時には、基本的には休憩が取れるようになっていたのですが、ほとんど休憩を取る事はできませんでした。
それに、急変や入退院、緊急手術の患者さんも多く、定時に帰る事もほとんどありませんでした。
それに、ステルペンがあると、看護師が残業して対応するようになっていたので、数時間の残業は当たり前でした。
考えが甘かった事に、とても反省しましたね。
たとえ勤務時間が短くても、残業が多ければ、2交代の職場と変わらなくなってしまいます。

現在は介護施設で働いていますが、この職場は2交代です。
勤務時間は16時間と、とても長いのですが、落ち着いた環境なので、休憩や仮眠をしっかりと取る事ができます。
その為、16時間でも苦ではありません。

夜勤というのは、ただでさえ皆さんが寝ている時間帯に働くので、大変な仕事です。
それに加えて残業が多い職場というのは、とても辛いものです。
以前の職場は、残業が多かった分、確かに給料面ではとても恵まれていました。
他の病棟で働いている看護師仲間に比べると、相当高給でした。
しかし、私は、いくら給料が安くても、働きやすい職場のほうを選びます。

2014年3月 4日|